> 魔界冒険記 > 魔界地図 -WONDER WORLD- > Article

[2019.12.28]

風雲文庫
〜熱海の山奥に隠されたヒトラー博物館〜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡県熱海市の山上、急勾配の細い坂道を登り切ると、閑静な別荘地の奥に隠された異空間「風雲文庫」に辿り着く(※1)。
この観光ガイドには載らない(案内板すらない)施設は、 よりにもよって独裁者“アドルフ・ヒトラー”の遺品などを展示する博物館なのだ。

鬱蒼とした雑木林の中の怪しい門を入り、半信半疑で獣道めいた庭を進んでいくと、 やがて前方の木々の合間から、奇妙なアーチ状の鐘楼がある建物と、何故か地面に置かれた釣鐘、そして各階にボスがいそうな五重塔などが姿を現す(※2)。

建物前で掃除中の老婆に入場料を支払うと、鉄扉を開けてくれた五重塔「風雲閣」には、正面にナチスのシンボルマークであるハーケンクロイツ(鉤十字)があり、いよいよもって不穏な雰囲気が漂う。
肝心の展示物は残念ながら撮影禁止(※3)だが、塔内には第二次世界大戦などの戦争遺品が大量に収蔵されており、 硝煙を思わせるカビ臭さも相まって、生々しい迫力の空気感に満ちている(※4)。

続いて、鐘楼がある別棟「ヒーローの家」(※5)に戻り、地下に続く階段を降りると、 ヒトラーの愛用品(※6)や絵画を始め、スターリン、ムッソリーニ、フセイン、ナポレオンといった名立たる独裁者達の遺品コレクションが、 所狭しと無造作に並ぶ暗黒迷宮が広がっている。
一体何故こんな貴重な物が熱海にあるのか、そもそも本物なのか、ひたすら謎が謎を呼ぶが、その答えは今もよく分かっていない。

※1:位置的にはちょうど、定番・珍スポットの熱海秘宝館&熱海城が聳える山上から、さらにしばらく先に登っていく感じ。熱海駅付近からも山の稜線に聳える五重塔が見える。


※2:釣鐘は、まるでナチス製のベル型UFO「ディグロッケ」のようでもある。
よく見ると、草陰にも地蔵や小人などのオブジェがあり、侵入者を監視するかのようにこちらを向いていた。明らかに下界とは異なる時が流れている。

※3:1970年の開館当初は撮影可能だったが、ある時取材に訪れたテレビ局の関係者が、 「これは世間には公開しないほうが良い」といった反応を示した為、それを聞き入れた対応らしい。

※4:防災頭巾やガスマスク、機関銃の薬莢、憲兵のマントや腕章などなどが並ぶ。
ディープ過ぎる空間にクラクラしつつ辿り着いた最上階では、バルコニーから美しい熱海の360度パノラマビューを堪能できる。

※5:内部では、割烹着姿の老婆がお客に桜湯をふるまい、質問や雑談にも快く応じてくれる。
同館のシンボル像である“ワルキューレ”は、北欧神話における戦の女神であり、戦場で死んだ者の中から英雄を選び、天上にある主神オーディンの宮殿「ヴァルハラ」に運ぶ存在。
つまりこの施設は、現代日本に再現された“戦死者の館”という事なのかもしれない。
ちなみにワルキューレといえば、ヒトラーが好んだワーグナーの曲名や、1944年のヒトラー暗殺未遂事件の際に利用された作戦名でもある。

※6:ヒトラーの軍服や帽子、最後の日まで執務したという机と椅子とキャビネット、『我が闘争』を執筆したというタイプライター、 愛人エヴァ・ブラウンのコートやオペラグラスなどなど、ここでは紹介し切れない程のお宝グッズの数々が並ぶ。


■関連記事
魔界廃墟オデッセイ@〜湖畔に聳える謎のナチス博物館〜
ヒトラー逃亡説〜総統閣下は生き延びていた?〜
ヒトラーは逃亡後、南米でトレジャーハンターをしていた!?
失われたナチスの秘宝〜ヒトラーが隠した莫大な富をめぐる謎〜
森の卍フォレスト・スヴァスチカの謎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、多分こんな記事も読んでいます。

Back number

Maps

Archives

News Headline

ブログパーツ
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system