> 魔界冒険記 > 魔界地図 -WONDER WORLD- > Article

[2019.12.22]

立江寺
〜肉付き鐘の緒の黒髪堂〜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島県小松島市の「立江寺」は、四国八十八ヶ所の第19番札所にして、とある恐ろしい伝説が残る古刹である(※1)。
境内の奥に鎮座する、「黒髪堂」なる少し変わった名前のお堂を覗くと、黒い髪の毛が巻きついた藁のようなものが奉納されている。
このちょいグロ注意な代物は、“肉付き鐘の緒”という寺宝で、次のような身の毛もよだつ由来を持つ。

その昔、大阪にお京(※2)という若い芸妓の娘がおり、要助という男と出会い結婚したものの、 夫婦生活が続くうちに彼女のワガママぶりが悪化。ついには鍛冶屋長蔵という愛人まで作ってしまう。
要助はすぐに妻の不倫に気付き激昂するが、逆ギレしたお京は長蔵をそそのかして夫を殺した挙句、讃岐(香川県)の国へ逃亡。

当初は2人で心中するつもりが死に切れず、やがて四国巡礼の旅を始めると、享保3年(1718年)に立江寺へ辿り着く。
そして地蔵尊を拝もうとしたところ、なんとお京の髪の毛が逆立ち、本堂前の鐘の緒に巻き付いたのである。
狼狽したお京は、住職にこれまでの行いを懺悔すると、彼女の髪の毛は頭皮ごと剥がれ、どうにか命は助かったという(※3)。

こうした伝説にまつわる遺物は、往々にして肩透かしな感じだったりするが、肉付き鐘の緒は残されたお京の毛量が予想以上に多く、なかなか衝撃的なジャパニーズホラーだった。

※1:四国八十八ヶ所の根本道場で、「四国の総関所」や「阿波の関所寺」として知られる。
邪心の持ち主や罪人が訪れると罰が下ったり、山門から先に進めなくなるとの言い伝えもある。
天平19年(747年)に行基によって開かれ、弘仁6年(815年)に弘法大師が訪れた際、小さい本尊は失われる恐れがあるとして、自ら高さ1.9mの延命地蔵像を刻み、 本尊とした時から寺名は「立江寺」となった。

※2:お京は石見(島根県)浜田の桜屋銀兵衛の娘だった。
16歳で大阪新町に芸妓として売られた後、22歳の時に要助と結婚し、故郷に戻り夫婦生活を送った。

※3:その後、2人は改心して出家し、立江寺の近くに庵をむすび、一心に地蔵尊を念じて生涯を終えた。


■関連記事
身の毛もよだつ!?ポルターガイストに悩まされるヘアサロン
瀬戸内なんじゃこりゃツアーズA〜これが地底マントラだ!!四国霊場で謎の暗黒仏像洞窟を完全踏破!!〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、多分こんな記事も読んでいます。

Back number

Maps

Archives

News Headline

ブログパーツ
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system