> オカルト資料 > フシギちゃんニュース > 超トンデモ通信Z > Article
超トンデモ通信Z
[2014年08月] 
どうも、楽しみに冷蔵庫にとっておいた駅前のお店の並ばなきゃ買えないプリンを父に食べられ、涙ながらに「せっかくプリンが買えたんですゥ!誰ガデー!どのプリンを購入しても同じ、同じや思てー!このプリンンフンッハアアアアアアァン!プリンを・・・ウッ・・・タベタイ!」と謝罪会見沙汰のテンションで訴えたところ、お小遣い多めに貰えてひとまずホクホクの号泣オカルト・プリンセス風谷葵です。
大丈夫です、まだ暑さにはやられてないですヨ。
ここでは、日々いろんな所からよせ集めたオカルティックなニュースを、 私独自の素晴らしい見解を交えつつお伝えしちゃいますよ〜。

[2014.08.16 20:00]

どゆこと!?メキシコで人間の歯を持つキリスト像が発見される


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト像のレントゲン写真▲
X線により8本の人間の歯が埋め込まれているのが発見された。
問題のキリスト像▲
血まみれで傷らだらけの受難のシーンを描いたもので、 高さは約1.2m程との事。
メキシコの首都メキシコシティ北部、メヒコ州の町スンパンゴのサン・バルトロ・クアウトラルパン寺にて、 18世紀に建てられたキリスト像に本物の人間の歯が埋め込まれているのが発見され、話題になっているそうです。
今から300年前に作られ、イエス・キリストの受難のシーンを描いたというこの彫像を、 保全と修復の為にメキシコ国立自治大学の科学者がX線で調査したところ、 完璧な状態の人間の成人の歯が8本が綺麗に埋め込まれているのが 分かったのだそうです。
今回彫像の調査を行った科学者チームのリーダーであるファニー・ユニケルさんによると、 彫像に歯を埋め込む事自体は実は一般的だそうですが、 通常は歯を木材や動物の骨で作られるらしく、 今回のキリスト像のように、人間の歯で歯根まである状態は 非常に珍しいみたいです。
また、この歯は恐らく、信者の人によって感謝の印として寄贈されたものと考えられ、 人間の歯が生えたキリスト像の発見は今回が初であるとの事です。

・・・いやあ、勝手に歯が生えてきたのかと思ってビックリしましたけど、一応ちゃんと理由はありそうですね。
でもかれこれ300年間も歯磨きしてないのに虫歯にならないだなんて、さすがイエス様、羨ましいです。
ところでメキシコは、先日もリアル過ぎるマネキンについてお伝えしましたし、 そういえば、オカルト好きには有名なソチミルコの人形島(いつか記事にする予定)もあるので、何かとこうゆうオブジェ系のネタが豊富な場所なのかもしれませんね。

Sorce 【CNET

■関連記事
キリスト教の奇跡〜科学的な説明が難しい神秘現象3選〜
【閲覧注意】血で描かれた戦慄の心霊絵画『悶え苦しむ男』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、多分こんな記事も読んでいます。

Back number

Archives

News Headline

ブログパーツ
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system