RSS Twitter Facebook Mixi Instagram YouTube  

>  Walker  >  飛びだせ!魔界ウォーカー  > Article

[2019.02.22]

八潮秘宝館訪問記X
〜祝・人形奪還記念臨時開館〜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京との国境に位置する埼玉の八潮市には、 ラブドールの特殊部隊が配置された関所・八潮秘宝館がある。
「特に何も無い」「ダサイタマ」「そこらへんの草でも食ってろ」などと、 古よりディスられがちな彩の国の希望の光となり得る、しこたま異彩を放つ個人宅である。
去る2018年10月〜11月にかけて、過去最大の日程で“秋の臨時開館”が行われた為、 定点観測の如くまたもやお邪魔してきました。

■これまでの八潮秘宝館シリーズ
八潮秘宝館訪問記〜ラブドールが佇む狂った楽園〜
八潮秘宝館訪問記U〜劇的に進進進化を続ける狂った楽園〜
八潮秘宝館訪問記V〜懐かしの別府秘宝館と人造乙女ミリタリー祭〜
陸軍北上病院訪問記〜八潮秘宝館の東北遠征イベントレポート〜
八潮秘宝館訪問記W〜幼児プレイルーム・未熟園再稼働〜

正直、一応オカルトサイトなので、 「秘宝館をやたら取り上げるのはいかがなものか」という、どうでもいい葛藤をする時期もあった。
しかし、よく考えたら「オカルト」とは即ち“隠されたもの”という意味なので、 秘められたものを追う事に何の問題もないと力強く開き直り、今回もお送りしたいと思う。

八潮秘宝館


年明け以来、約10ヶ月ぶりの八潮秘宝館。
感覚的には、ついこの前来たばかりのつもりでいたが、月日が経つのは速いものである。

入口にはこんな看板が。
これまでしわくちゃになりながらも、しぶとく使用されていた張り紙から、 いい感じにアップデートされていた。
何気に「町会組長」なる意外な札も掲げられ、早速の微妙な変化に期待が高まる。

到着の電話をすると、館長・兵頭さんがこれまた意外な所から登場。
てっきりいつも通り、家の外からも聞こえる勢いで階段を高速で駆け下り、 ガチャッと扉を開けてくれるのかと思っていたが、どうやらたまたま外で作業中だったらしい。
いらっしゃい。モデルガンを塗装してました。
相変わらず自由なライフスタイルっすな。

まずは人体実験部屋の1階。
旧日本軍がミリタリー系の美少女アニメ設定で再現されたような、パラレルワールド的空間である。
いつも最初どんなリアクションを取ってたか忘れて、もはや「おうふっ」ってコメントしか出てこないぞい・・・。
細かい部分に結構手を加えているんですよ。

そう、特殊看護部隊×別府秘宝館部隊の構成は前回同様だが、所々に変化が見受けられる。

以前は軍医がいた椅子には、海軍の指揮官と思しき女性が腰掛けていた。

新要素であるスキンヘッドなお姉さん。
改造手術前の被験者か、生まれたてのクローンみたいな感じだ。

壁際の天井近くには、さり気なく棚が増設されていた。


さらに、通路には人形のヘッドや薬品のビンなどを収めた、露骨にイカれた感じの棚が設けられ、 しかもピンクと緑のライトで妖しく照らされていた。
ご町内の人々は、町会組長の家のこの有様を知っているのだろうか・・・。
多分、もう割りと勘付かれていると思います。


一体何処で入手したのか、 医療資料のスケスケ人体図も隣で怪しく光り、お化け屋敷感に拍車をかけていた。

独身男性宅のはずだが、トイレの扉には何故か女性のピクトグラム。

階段から通路を見下ろすとこんな感じ。
この辺りは同館で最も薄暗く不気味な場所だと思うが、 緑のライティングの安らぎ効果のおかげか、不思議と落ち着く。

そんなこんなで、メインの2階へ。

階段を上がったところにある、館長の肖像画とデスマスク。
周辺にはやはり色々とよく分からないグッズが追加されていた。

何故この家は普通にウンチが飾ってあるんだ。
まさか、幼児プレイ(※前回参照)でしたやつじゃ?
違いますよ、作り物ですよ。

( ゚д゚)
好きなだけゆっくりしてってください。

大小様々なドールが佇む、オトナのクレイジーパラダイス。
これまでで最も人口密度が高い状態かもしれない。

以前に引き続き、当たり前のように女性下着が吊るされていた。
もし近隣で下着泥棒が出現した場合、こちらが疑われないか心配になるくらいの量である。

「ドキッ!女だらけの水泳大会〜ポロリもあるよ!〜」的な並び。
出来ればもっと知的な表現をしたいが、実際おっぱいがいっぱいである。
今何体くらい人形あるん?
もうちょっと分からないです。色々多くなり過ぎて。


目力があり、独特な雰囲気が印象的なロリ系ドール。
初めて見かけるカワイコちゃんだ。
素人目に見ても、これだけ顔の造形が他と少し違うような・・・。
この娘はキャットドールといって、中国メーカーが日本人向けに造ったものなんですよ。
ちなみにそこは、意外にも若い姉妹が経営しているらしいです。

今回の臨時開館は、2年前に岩手県の廃墟で誘拐(盗難)されたラブドールを、一部ながら奪還できた事を祝して行われたものらしい。
この通称「スミレ部隊玉砕事件」については、東スポの記事(1)にも詳しく書かれているが、前々から同館に来る度に話題となる関心事項であった。

部屋の片隅に座る彼女こそ、無事に生還した1体だという。
言わば今回の催しの主役的存在である。
それにしても、よく取り返せたもんじゃな。
盗んだ犯人がネットオークションに出していたんですよ。
滅多に出回らない希少なヘッドなので、すぐに分かりました。
詳しくは東スポの記事(2)を読んでください。

彼女が手にするトライデントには、自身を誘拐した犯人の顔写真のプリントが突き刺してあった。
なかなか皮肉とエッジの効いた公開処刑方法である。
しっかし普通、廃墟にラブドールなんかあっても不気味で、 苦労して何体も持って帰ろうなんて発想に至らぬと思うがなー。
犯人は地元の若者だったんですが、転売したら良い値で売れると直感的に思ったんでしょう。
それに目玉が取り換えられていたりしたので、やんちゃそうな見た目の割に、 多少はドールに関する素養もあったのかもしれません。

実際には無修正で犯人の顔写真や氏名が載っていたのだが、人形泥棒とはいえ個人情報を晒すのはコンプラ的にアレなので、ここでは一応加工しておく。

生還したドールのパーツが置かれたテーブルもこれまた独特で、 不穏な雰囲気を盛り上げていた。

すっかりお馴染みの存在となったジャイアントパンダ。
回を重ねる毎にどんどん前線に出てきている気がする。

続いてベッドルームへ。
この日は少し前まで、兵頭さんにメディア関係の打ち合わせが入っていた都合上、 来館者が他にいない貸切状態で、かなりゆっくり撮らせて頂けた。

オブジェは増加の一途のようだが、 生活スペースが大胆に削られ展示範囲が拡大した為、 以前よりも足の踏み場がある通りやすい状態になっていた。

ひょうきんな子供の横には、 R2-D2みたいなビールマシンが新たに並んでいた。


いつもコスチュームが変わるベッドの彼女は、今回は水玉水着の猫耳ガールとなっていた。


頭上のブランコには、今回も片足欠損の赤ずきんちゃんが腰掛けていた。

ベッドの横には、ぶっちぎりで時代の先を行く感じの、ゾウさんを被ったマネキンがいた。

前回はショートヘアだった胸像も、ゆるふわパーマな感じにイメチェンしていた。

サブスペースには、相変わらず怪しいグッズの数々が並ぶ。
兵頭さんが近所のABS卸売りセンター等でグッと来た品を買い集める他、 未だに処分に困った物などが人づてに集まってくるらしい。
家の前に勝手にラジカセが置いてあった時は笑いましたね。
2個あったので、1個だけ直して部屋に置いてますけど。
結局引き取ってるんかーい。


ベッドの奥は、ポップな保健室といった感じになっていた。
前回の幼児プレイルーム仕様で印象的だったママは、こちらにリプレイスされたようだ。

それにしても、たまたまここを通りすがった人は、窓の奥にこんな世界が広がっていようとは、夢にも思わないだろう。
ちなみにこの建物、店舗を思わせる1階の造りからも薄々察せられるが、元々は肉屋だった物件らしい。

何気にオリジナルグッズの販売コーナーも設置されていた。
普通の家にはまず存在しないコーナーが・・・。
まあ、普通の家じゃないですからね。

一定額以上お買い上げの方には、 なんともれなく、館長の幼児プレイ動画がオマケでついてくるらしい。
どうしても、己の痴態を見せたくてしょうがないようじゃな。
新作の写真集とかもあるので、よかったら是非。

兵頭さんの新作写真集『金剛寺ハルナとその姉妹―大東亜戦役篇秘話〜第840特殊看護部隊 斯クモ闘ヘリ〜』(R-18)。
これが噂の、わざわざラブドールを地方の廃墟まで持ち込んで撮影したという、数年がかりの創作活動の成果である。
せっかくなので、資料として一冊買わせて頂いた。
ロケ地はM尾鉱山じゃな。この前ワシも行ったぞい。
はい、奥の学校とかあった方で撮りました。

そして、まさにこのページの写真撮影後、 兵頭さんがしばらく目を離した隙に、ドール達がごっそり盗まれたのだという。
なるほど、これは曰くつきのページじゃな。
スミレ部隊が玉砕する直前の、貴重な写真ですよ。


オモチャだらけの居間で、遅めの昼食を取る兵頭さん。
この生活感溢れるアングルだけ見ると、完全に人ん家といった雰囲気である。
とうとう客だけ家に残して、外にメシを買いに行きやがった・・・。
目の前のスーパーが定休日だったので、近所の総菜屋でカツを買ってきました。

ところで、このお宅にはもう何回もお邪魔しているが、 よくよく話を伺うと、兵頭さんの私生活について意外な事実が判明した。
普段は玄関の、ここで寝てます。
マジカヨ。

本邦初公開、これが八潮秘宝館のバックヤードにして、兵頭さんの寝室(玄関前)である。
人形などの展示スペースを優先した結果、主人の方が物置みたいな場所に追いやられるという、可笑しさと切なさが込み上げる光景だ。

ベッドの上には、兵頭さんや人形の衣服などがハンガーにかけられていた。

玄関の外から覗くとこんな感じ。
いつも閉ざされていた扉の先が、まさかこんな風になっていたとは。
てっきり2階のコタツで寝てるとばかり思ってた・・・。
ホコリが舞ったりするのが嫌なので。
ワンルームくらいあるので、全然ここで寝起きできるんですよ。

ぶっ翔んでる埼玉の八潮秘宝館。
例の如く、訪問から数ヶ月経ってからの更新となってしまったが、 兵頭さんのブログを見た限り、最近まではこんな感じだったらしい。
空間演出の元ネタである、映画『ブレードランナー』の設定と同じ2019年を迎えた今年も、 ますます同館から目が離せない。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た人は多分こんな記事も見ています。

Back number
京都魔界案内@〜秘宝館トイレ付きオトナ秘密基地〜
魔界廃墟オデッセイA〜恐怖と戦慄のキューピーの館〜
Fucking村訪問記〜都市伝説的“珍地名”の美しき農村を歩く〜
遊園寄りの物体X〜地球外生命体のミイラを売る手芸用品店〜
ヨーロッパ・オカルトアート紀行D〜呪われた死神ベンツ(デス・カーズ)〜
Archives
News Headline
ブログパーツ
>&nbnbsp; Walker  >  飛びだせ!魔界ウォーカー  > Article

   きょうの終末黙示ログ
   あおぞら魔界掲示板

   超摩訶不思議Xファイル
   フシギちゃんニュース

   飛びだせ!魔界ウォーカー
   それ逝け!心霊スポット

   へっぽこ!ザ・ラストバタリオン
   魔界まる見え!ウェブ特捜部EX

   超魔界ちゃんねる

   超魔界れいでぃお!

   NAZOTOWN(ナゾタウン)

   壁紙ダウンロード

   異界への扉
Copyright (C) 2012 大魔王軍 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system