RSS Twitter Facebook Mixi Instagram YouTube  

>  Walker  >  それ逝け!心霊スポット  > Article

[2004.03.16]

SPOT5:侍トンネル


埼玉県鳩ヶ谷市の国道122号線沿いにはですね、この道路の下を貫く小さなトンネルがありましてね、内部の壁に戦国時代に殺された武士達の顔がいくつも浮き出ていると言われている事から、侍トンネルと呼ばれているんですよ。
ここは現在も現役でしてね、歩行者専用として使われてはいるんですが、すぐ脇に宝蔵寺というお寺の墓が立ち並んでいて、雰囲気的に寂しく、特に夜間は不気味なんでね、地元の人もあまり使いたがらないそうなんですよ。
以前マスコミの心霊特集で、このトンネルに故・池田貴族氏が訪れたそうなんですがね、その時彼は、「ここはかなり危険な場所だ」と言っていたらしいんですよ、ええ。

なんだって、戦国時代に死んだ武士の顔が、今の世のトンネルに浮かび上がるんじゃよ!?
何百年も経っちょるっちゅーのに、いくらなんでも、未練ったらし過ぎるじゃろが!
大体、成仏出来なかった霊ってのは品質保持期限いつまでなんじゃ!?ずーっといるって事ぁねーよな?
縄文人の幽霊なんか聞いた事無ぇし。
たしかに、不成仏霊は何年この世にいられるんでしょうねぇ?
ちょっと、淳二郎さんにケータイで聞いてみましょう。
プルルルルルル・・・・・・ガチャッ
(留守電)いやいやいや〜、どうも早見淳二郎です。
今、誰もいないんですよ。いるはずがないんです、ええ。
でも、おかしい。尋常じゃない。誰もいないはずなのに、声がする。
これ、テープなんだなぁ。
ピ―――ッとなりますからね、したら、あなた、メッセージをお願いしますよ。


ピ―――ッ


ピ―――ッ(※18歳未満お断り)
よ、ヨシオさんッ!!?
調査開始
トンネルがある下り坂の手前に、宝蔵寺のものと思われるお地蔵様があった。祟られては敵わんので、まずはお賽銭&お祈りを捧ぐ。
ヨシオ、賽銭いくらあげた?
5円ですが、何か?
5円=御縁じゃぞ!こんな場所と縁があってたまるか!
ワシは4円にしとくぞ!
それだと、4円=私怨じゃないですか!3円にしときましょう!
あ、ゲーセンのメダルしか無えや。
割と急な坂道を下って、いざトンネルへ向かう。


と、その時だった!
うわわッ、な、何か出てきたーーーッ!
ニャンコだニャー。
ガハハ!たかがキャッツに何をビビってんじゃ!
オラ、とっとと突入すんぞいッ!
そしてトンネル内部へ。中は電気がついてなく、真っ暗だった。
あいにく懐中電灯を所持していなかったので、ケータイのライトを頼りに壁に浮き出ているという、武士の顔を探した。
どれもこれも、後から描かれた落書きばっかで、それらしい顔は見当たりませんなぁ〜。
ヨシオ、ヨシオ!ちょっとこっちに来てみろりん!
えっ、何か発見したんですか!?
と、安易に大魔王の方へ向かってしまったヨシオ氏に、この後、悲劇が襲う!



ガチャッ

え?
ヨシオ氏逮捕!!!!!
ををうッ!!?
だ、大魔王様ッ!こりは一体何のマネですかッ!?
わ、私、そんな趣味無いですよーッ!!!
今夜一晩、ここで野宿するんじゃ。
はいぃぃぃッ!?
心配するな!
明日の朝・・・いや、昼・・・夕方には迎えにきてやるわい!
それまで、武士の皆さんと仲良くな!んじゃ、バイなら!
ちょ、ちょっと冗談・・・だ、大魔王さまーーーーーーーッ!!!


おーーーい!



おーーーい!



おーーーい!





おーーーい!

調査結果:たしかに、あまり近づきたくない様な不気味な雰囲気のトンネルでした。
しかし肝心の、浮かび上がっていると言われる武士の顔は確認できましぇんでした。
そもそも落書きが多い為、一緒に消されてしまったのかもしれません。(きっとそうでしょう)


▲オマケ画像 何かにとり憑かれたヨシオ氏(独身)
セリフ:ここはこの私がくい止めますッ!
Back number
SPOT4 :
カラスマンション
SPOT3 :
平将門の首塚
SPOT2 :
お岩稲荷
SPOT1 :
千駄ヶ谷トンネル
心霊スポットへ逝くにあたって
Archives
News Headline
ブログパーツ
>  Walker  >  それ逝け!心霊スポット  > Article

   きょうの終末黙示ログ
   あおぞら魔界掲示板

   超摩訶不思議Xファイル
   フシギちゃんニュース

   飛びだせ!魔界ウォーカー
   それ逝け!心霊スポット

   へっぽこ!ザ・ラストバタリオン
   魔界まる見え!ウェブ特捜部EX

   超魔界ちゃんねる

   超魔界れいでぃお!

   NAZOTOWN(ナゾタウン)

   壁紙ダウンロード

   異界への扉
Copyright (C) 2012 大魔王軍 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system