RSS Twitter Facebook Mixi Instagram YouTube  

>  Walker  >  それ逝け!心霊スポット  > Article

[2007.03.06]

SPOT6:稲取隔離病棟


静岡県東伊豆町稲取にはですね、その昔、天然痘や結核、赤痢にハンセン病等の伝染病患者を収容していたってな隔離病棟の廃墟があるそうなんですよ。
ここはですね、かつて無念の死を迎えた多数の患者達の霊が現れるとか言われているそうでしてね、地元ではタブーとされ、絶対訪れては行けない場所らしいんですね。
以前、夜に肝試しに訪れた若者が写真を撮影したところ、白い手がたくさん写ったとか、老女と思われる声が聞こえたとか、また、ある部屋に入ったところ凄く気分が悪くなり、帰宅後もしばらく体調不良の後遺症に悩まされたとか、色々不気味な話がありましてね、ヤバ過ぎる為にむしろ隠されているのか、実にマイナーなスポットであるにもかかわらず、一部では伊豆最恐の心スポと囁かれているそうなんですよ、ええ。てな訳で、くれぐれもご武運を・・・。

そんなこんなで、夜が明けた。
海辺のコンビニの駐車場にて休憩中、隔離病棟の場所を地図で確認するカッパ氏。一睡もせずに運転お疲れさんです。
今日のツアーも次で最後ですね。
実はこれから逝くところこそが、メインディッシュといっても過言では無い様な場所みたいなんですよ。
何もご丁寧に、疲労困憊な末にそんなトコ残しておかなくても・・・。
好きな食べ物は一番後で味わう派ですから。
つー事ァ、何らかのお宝が隠されている可能性も今まで以上に高いっちゅー訳じゃな!
まだそのまさかなクソ設定の基で動いていたんでござるか。
トンネルは通り過ぎただけだったんで、てっきり諦めたのかと思った。
つーか、正直もう読者は誰も気にしてないんじゃ・・・。
んが?
調査開始
国道から脇に外れ、獣道の斜面をえっちらおっちら下っていくと、竹薮の中に何やら建物が見えてきました。
隔離病棟の廃墟に到着。
中を覗いて見ると、長い年月に渡り放置されていた為に、かなりの朽ち果て具合である事が伺える。

その放たれる威圧感から、我々のテンションは刺激され・・・
ステータス異常が引き起こされた。
どーしてッ!?
どうやら、いつの間にかメイドの霊に取り憑かれちまってた様ですわ・・・!
ををう!萌え萌えですよ、大魔王さん!いや、むしろ冥土さん!
ギザカワユス!
メイドの霊って・・・、一体何処でそんなもん拾ってこれるんだ・・・。
見るに耐えん・・・。
まあ、細けー事ァ気にしないで、そろそろお帰りなそうぜ!
ご主人どもッ!
そうですね!
こーなりゃ、悪霊を問答無用で片っ端から退散させちゃいましょう!
(※そんな趣旨では無かったはず)
お前らが隔離されろよッ!!
少なくともこの時点では間違いなく伊豆最恐スポット(色々な意味で)と化していたであろう、戦慄の隔離病棟にいよいよ潜入。
既に時刻が午前6時を過ぎてすっかり朝でしたが、ここは周囲が深く木々で覆われていた為に日光があまり届かず、実に冷ややかで薄暗くカビ臭く、不気味な雰囲気が漂っていました。
まさに言い得て妙、世間から隔離されている場所って感じです。
入ってすぐの場所にあった部屋。
椅子と点滴を吊るすのに使われたと思われるポールが残されており、妙に生々しい感じがする。
こちらは便所で、男性用の小便器がありました。
モダンな造りのものに慣れ親しんだ我々にとっては、何か心細い感じです。つまり、的を外しそうって事。
これまでとは一味違った緊張感を抱きながら、己らの足音のみが響き渡る、静寂に包まれた建物内部を進んでいきます。
それにしても空気が澱んでいますね・・・。
ここは本当にヤバイかもしれません・・・。
合コンとかで渾身の一発ギャグを放って、見事にシラけた時の場の空気に比べたら大した事ァねえわい。
そんなんと比べんなよっ!
壁があったと思われる部分は、もはやただの木材の破片と化していたりしました。
窓は所々にガラスが残っているものの、まるっとツタや葉に侵食されている。
何やらモノ思う大魔王と、妙な動きを見せる源氏池のカッパ。
うーむ、どーいう訳か、デジカメが3回もシャッター押さないと撮影出来ない様になったな・・・。さては、心霊現象が発動しているのか!?
それは単なる機械的な寿命でござろうヨ。
散々あちこちにぶつけたり落としてるみたいでござるし。
ところでカッパさん、さっきから何をちょこまかとやってるんですか?
ああ、いえ、ちょっと悪霊を封じ込めようと思いましてね。
御札を所々に貼り付けているんですよ、ほら。
金閣寺&銀閣寺の御札のカラーコピー。
金銀揃ってるたあゴージャスなこって。
足利なんたらも、時代を超えてこんな細かい所で己が役に立とうとは夢にも思わんかったろーヨ。
霊も勝手に土足でズカズカ上がりこまれて、こんな訳分からん置き土産されたらさぞ迷惑だろうに・・・。
廊下の途中には階段があり、上の方へと続いていました。
どうやら斜面の地形をそのまま生かした構造になっている様です。
それにしてもこの階段、実にボロボロに腐っており、いつ足下が抜けてもおかしくない様なスリリングさを備えておりました。木造恐るべし。
つーか実際、ニシナギがバリバリと踏み抜きましたし。
(写真はその直後の、心拍計測器があったらグラフが150は超えていただろう、1ビビリポイントをゲットして苦笑いの奴さん↑)
大丈夫ですか?
危うく普通に生活してたら起こらない様なトホホな理由で怪我するところでしたね。
今のは演出効果的に良かったぞニシナギ!
その調子で、次は階段ゴロゴロ落ち頼むわ!
蒲田行進曲みたいに!
スタントマンを雇えッ!!
階段を登ったところの左側から外に出れました。
斜面の上に位置している為、先程までいた建物を見下ろす眺めとなっていました。
そしてこっちが、我々がこれから進む事になる病棟の外観。
いかにも何か出てきそうな、期待と不安がシーソーゲームで、思わず息を呑んじまう感じです。
ここから先はさらに強力な霊気を感じます・・・。
十分気をつけていきましょう・・・。
悪霊は気の緩みにつけ込んで、我々を蝕んできますからね。
フッ、貴様らはともかく、ワシは常にBダナン型防壁なみに気を張ってるから、全然大丈夫じゃぜ!
アンタら既に蝕まれてるじゃねーか。
Back number
SPOT05 :
旧天城トンネル
SPOT04 :
ポプラ病院/U愛クリニック
SPOT03 :
ホテル・ベルビュー富士
SPOT02 :
ホテル・サンヒルズ相模湖
SPOT01 :
ジェイソン村
Archives
News Headline
ブログパーツ
>  Walker  >  それ逝け!心霊スポット  > Article

   きょうの終末黙示ログ
   あおぞら魔界掲示板

   超摩訶不思議Xファイル
   フシギちゃんニュース

   飛びだせ!魔界ウォーカー
   それ逝け!心霊スポット

   へっぽこ!ザ・ラストバタリオン
   魔界まる見え!ウェブ特捜部EX

   超魔界ちゃんねる

   超魔界れいでぃお!

   NAZOTOWN(ナゾタウン)

   壁紙ダウンロード

   異界への扉
Copyright (C) 2012 大魔王軍 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system