RSS Twitter Facebook Mixi Instagram YouTube  

>  Fools  >  魔界まる見え!ウェブ特捜部EX  > Article

[2004.09.28]
生き残れ!悪夢の無人島サバイバル

ナレーション 前回、東松山のニコニコ園で原住民に襲撃され、からくも脱出した我々探検隊!
だが、気づいた時には、何故だか絶海の孤島に漂着していたッ!


▲めでたく無人島に漂着(※イメージ)
こ、ここは一体・・・?
ようやく気がついたようだな、屡。
私など3分も前から気がついていたぞ。
た、隊長っ!ど、どーなってんですか、この状況は!?
うむ、どうやらニコニコ園を脱出した後、決壊した川の洪水に巻き込まれ、そのまま海洋へと流され、ここに漂着したらしいな・・・。
ここはどこなんですか!?
正確にはわからんが、私の長年の経験で培った野性の勘によれば、恐らくここは太平洋のドまん中・・・ミクロネシア連邦ヤップ島の南西500キロ程の位置だ。
ウソんッ!?何でそーなるんですかッ!?
この湿気をおびた風、これはミクロネシア独特のものだ。
それにあの植物、あれもミクロネシア独特のものだ。
さらにそこのカニ、そいつもミクロネシア独特のものだ。
また、あの空を見てみろ。あれも・・・
わかりました。そーいや他の2人はッ!?
わからん・・・、が、彼らも我々と同じく、近くに流されたはずだ。
よぉうし!周辺の調査も兼ねて、探しにいくぞ!
何を探しにいくんじゃ?
ぬおッ!お、お前らいたのかッ!?何をやっていたんだ!?
珍しいカニがいたんで、あちこち探しに行ってたんですよ!
ホラ、こんなに獲れましたよ!
バカたれいッ!隊長であるこの私の指揮無しに勝手に動くなっ!
あ、ヨシオッ!そこにもカニがいんぞ!捕獲じゃッ!
あいさー!
お前ら、話を聞けーッ!
ナレーション と、その時!隊員が何かを発見したッ!
隊長っ!アレを見て下さいッ!
ん!?「オレを見て下さい」だと!?
あいにくだが屡、私にそんな気は・・・
アレですよ、アレッ!
おお、あの窪みは住居に出来そうだな・・・。
よっし、荷物を持て、向こうに移動だ!
それと、全員の荷物の中身を確認しよう。
食料はまとめてこっちに置くんだ。
スマン、俺の持っていた食料は、どうやら流されてしまったらしい・・・。
私の持っていた大量のすこんぶも流されてしまいました・・・。
ぬう、マズイな。
私のは缶詰は無事だったんだが、缶きりが流されてしまった・・・。
ガハハ、喜べッ!ワシが己らにご馳走してやるぞいッ!
ええッ!?食料持ってるんですか!?
ワシはお前らと違って、セキュリティーがペンタゴン並じゃからな!
ほれ、つつしんで食らうがいいわ!
ナレーション 隊員の持っていた唯一の食料とは!?
おちんちんちょこれ〜と!
これかよッ!!
ほう、なかなかリアルだなァ、おい・・・。
無いよりマシだ。少しずつわけて食べよう。
まさか、おちんちんに助けられる事になろうとはな・・・。何気うまいし。
よし、食べたら各自行動開始だ!
私は周辺の探索に行ってくるから、お前達は魚やカニ等の食料を捕り、火をおこしておくんだッ!
ナレーション こうして、生き残りをかけた、隊員達のサバイバル生活が始まった!
火をおこすったって、原人じゃあるまいし、こんなもんで出来るかよ・・・。


▲原人の様に頑張る屡
うおおおおーッ!!!
ボッ
やった!ついた!ついたぞーッ!!
ガンバレー、そのままだぞー、消えるなよー!
消えた。
ナレーション 一方、他の隊員達は・・・
ヨシオはカニ捕りに没頭し・・・
大魔王は雨の海岸でSOSしていた。
もちろんケータイは通じない。


▲水平線を睨み、思いを馳せる大魔王
ビンラディンは今、一体何処にいるんじゃろう・・・。
んな事考えてる場合かッ!
ナレーション と、その時ッ!
おーい!お前らー!
あ、隊長!
反対側の入り江で、洞窟を発見したぞ、おい!
ここより良い住処になるかもしれん!ちょっとついて来い!
ナレーション 隊長が発見したと言う洞窟に向けて、探険隊は移動を開始した!
隊長!これって、階段ですよね?
ああ、私もさっき発見して驚いたよ。
この島には未知の部族が潜んでいるのかもしれん。
ここから先は、気を引き締めて進むぞ。静かに、素早くな。


▲ナイフ片手でジャングルに挑む熱血隊員
行く手を阻む枝や葉をばっさばっさとなぎ落としながら、どんどん進んでいく!
ナレーション ようやく我々は洞窟の入口に到着した!と、そこには衝撃的なものがッ!
十字架だッ!!
た、隊長、これは一体何なんでしょう!?
むう・・・、この十字架は、この洞窟が誰かの墓であるという事か、あるいは、財宝のありかだという事を示しているのかもしれん。
よゥしッ!とにかく、これより洞窟に突入するぞ!気を張れぃッ!
ナレーション ついに我々は洞窟に突入した!
そこは、闇と静寂が支配する不気味な世界であった!
暗すぎて前が全然見えないな・・・。
屡さん、ケータイ持ってるじゃないですか!
それのモバイル・ライトを使えば、いくらかマシになりますよ!
あ、そうか。
ナレーション 一途の光を頼りに、闇の奥へと突き進む探険隊!
果して、この先に一体何が待ち受けているというのだろうかッ!?
油断するなよ・・・。
こーいう洞窟にはな、吸血コウモリや人食い大蛇が潜んでいたりするからな。
(以後独白)
現代文明に慣れ過ぎてた我々にとって、洞窟は恐怖を感じる場所である。 一度明かりを失えば、一歩も進む事ができない暗闇。
時間の感覚もまるで無い。
隊員の誰もが、その見えない敵と戦い、疲れ果てている。
だが、我々には、いかなる状況におかれても、決して諦めないという信念がある。
己の五感を研ぎ澄まし、一歩ずつ進んでいくしかないのだ。
ナレーション 身体が通るギリギリの狭さを突き進む!
進んでくにつれて、どんどん天井が低くなってきますねぇ・・・。
ちゃんと頭上に注意を払ってないと危ないですよ〜。
ゴツンッ
うぎゃッ!いでぇぇぇ・・・!
わ、罠かッ!?
ナレーション 全員が広いスペースに出たその時ッ!
静かにしろッ!
どーしたんです?
何か聞こえるぞ・・・。
コウモリが羽ばたく音とかじゃないですか?
違う・・・。足音だ・・・!
・・・・・何も聞こえないんじゃが。
この穴の奥の方から聞こえるぞ!間違いない!
この先には地底人クルピラがいるッ!
マジカヨッ!?
しかし、穴の入口が狭すぎてこれ以上は進めませんよ。
んなもんブッ壊せばいーんじゃよ。
自然が何万年もかけて作った物を壊すなんて事は許されんよ!
残された方法は1つしかないな・・・。
どーするんですッ?
・・・待機だ。
―――3時間後―――
ふわァ〜。クルピラまだー?
大体、そんな奴本当にいるのかよ・・・。
グ―――ッ、ガー――ッ!(※睡眠中)
(独白)水も食料も無い中、隊員達の疲労もピークに達していた。
クルピラは数メートル先にいる。
いやしかし、その僅かな距離が永遠に縮まりそうにないのもまた、1つの現実だった。
私は隊員達に決して最期まで諦めるな、と言い続けてきた。
だが指揮官として、そろそろ決断を下さなければならない時が来たようだ。
我々はその正体こそ突き止める事は出来なかったが、闇の封印を解き、地底人の存在を裏付ける証拠を掴んだ。
それが出来ただけでも、今回の探険は成功と言っていいだろう。
撤退も恥ずべき事ではないッ!
ナレーション と、隊長が撤退を宣言しようとしたその時ッ!
どわァ―――ッ!!!
ナレーション 隊員の1人が、断末魔の様な叫び声をあげたッ!
一体全体どーしたァ!?
屡さんがッ!潜んでいた蛇に噛まれて失神しましたーッ!!
なにィ!?オイッ!
血清持ってこいッ!!ケッセーッ!!
んなもん無いですよッ!
ヤバイぞ、コイツ息しちょらんぞッ!おいコラ、永眠すんなッ!
マッズイな・・・!
こりゃショック症状を起こしている!
このままでは命が危ういぞ、おいッ!
ナレーション 一瞬にして洞窟内は修羅場と化したッ!
屡隊員の命は果してッ!?
ど、どーしましょうッ!?
落ち着けィ!
こーなったらば仕方が無いッ!
私がマウス・トゥ・マウスで人工呼吸して、甦生させるッ!
とどめをさす気かッ!?
気道確保ーッ!逝くぞいくぞーッ!
ひーええええーッ!(目を覆うヨシオ)
ブッチュウ〜・・・
んんん・・・。
・・・う〜〜〜ん。
ガバッ
ゆ、夢か・・・。
こんなオチですが、何か?
Back number
準備中
Archives
News Headline
ブログパーツ
>  Fools  >  魔界まる見え!ウェブ特捜部EX  > Article

   きょうの終末黙示ログ

   超摩訶不思議Xファイル
   フシギちゃんニュース

   飛びだせ!魔界ウォーカー
   それ逝け!心霊スポット

   へっぽこ!ザ・ラストバタリオン
   魔界まる見え!ウェブ特捜部EX

   超魔界ちゃんねる

   超魔界れいでぃお!

   NAZOTOWN(ナゾタウン)

   壁紙ダウンロード

   異界への扉
Copyright (C) 2012 大魔王軍 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system