RSS Twitter Facebook Mixi Instagram YouTube  

>  Fools  >  魔界まる見え!ウェブ特捜部EX  > Article

[2006.03.20]

中華珍々西遊記B
〜対決!中国最先端技術+北京の思い出〜


今回、大魔王らの前に、中華人民共和国最強の刺客が立ちはだかる!!
是非常、是非常!(大変だ、大変だぞ!)
んん!?
ええっ、コバヤシさん!?ど、どーしてこんなトコに!?
そんな事はどーでもいい!
それより、このままでは人類が、世界が滅亡するぞッ!
まァた性懲りも無く、いきなり何言ってんですか!
いい加減にして下さいよ!
貴方も毎回毎回ワンパターンな人ですね!
奴が・・・、奴がついに目覚めてしまったんだよ・・・!
破壊の神が・・・!
破壊の神?
そうだ、もう間も無くココにやって来るぞ!
だからあれ程、「中国行きは取りやめろ」と口をすっぱくして警告したのにッ!
そのネタ一部の人しか理解出来ないと思いますが・・・一体何なんですか、その破壊の神って・・・!?
説明している時間は無い!とにかく、すぐにここから逃げ・・・
ズーン!


ズーン!


ズーン!
こ、この音はッ!?
難・・・難不成!?(ま・・・まさか!?)



ズーン!
( ゜Д゜)
( ゜Д゜)
くっ、遅かったか・・・!
奴こそは、まさに中華4000年の科学技術の結晶にして、中国政府による世界征服の切り札・・・!
汎用人型決戦兵器「先行者」!!!
ついにその姿を現した究極ロボット!
果して、人類の未来はどうなってしまうのか!?
とうとう本場の刺客がおいでなすったな・・・!
と、唐突にも程があるでしょがっ!
てゆーか、細部が少し違う様な・・・!
き、気をつけろッ!
何処からビームを出してくるか分からないぞっ!
まさか中国政府がここまで本気だとは思わなんだ・・・!
・・・・・・・・・・・。
グシャッ!!!
這・・・怎麼可能・・・!(そ・・・そんなバカな・・・!)
アンタ、わざわざ何しに来た?
以下、単なる中国旅行の思い出となりますので読み飛ばし可です。
2008年の北京オリンピックに向けて、古い建物をドンドンぶっ壊し、市内のあちこちで再開発工事が進んでいる。
本場のスリット娘に遭遇した為、大興奮で写真がブレた。
北京ダックをさばくコック。
いつテーブルに運ばれてくるのかと思っていたら、気がつかずに既に食っていた事が判明。
凄まじいシンクロ率で皿を回す雑技団の皆さん。
自転車10人乗りって、もうコイツらバカだ。
骨董品街である瑠璃廠(るりちゃん)。
瑠璃廠は、道の両側に店が整然と並び、ガラクタの様な怪しげなアイテムがたくさん売られている。
しかし、適正価格の何倍もの値段を吹っかけてくる、ぼったくりスポットでもある為、旅人は注意が必要だ。
魔人付きの急須が売ってますた。
危うく買うとこだったゼ。
中国名物、朝の太極拳。
ゆっくりした動きではあるが、その実、凄まじい闘いが繰り広げられている事だろう。オバタリアンズも華麗な舞を見せる。
じ様とば様が朝っぱらから羽根つきみたいな遊びをしていました。
年中正月みたいな雰囲気で微笑ましい光景だ。
王室御用達の家具屋である中国の旧家を訪れました。
キセル咥えたジジイが軒先に座っていそうな、実にのんびりとした場所だ。
軍の物資運搬車輌に採用しようと、回収を試みる大魔王。
(重くて5秒で断念)
家具屋というだけあって、内部はやたら豪華な感じだ。
何百万円もする様な物がそこら中に置いてある。
仏陀の生首があった。
まさか、こんな所でこんなレア物にお目にかかれるとは。
つか、売ってるし。
ここで作られたという皇帝の玉座のレプリカ。
何たる豪華絢爛っぷり。
天安門付近の公園にある中華料理屋。
何かの映画のロケ地として使われた事もあるらしい。
渡り廊下の橋がいい味出してました。
何故だかグシャグシャになった中国国旗が落ちていましたヨ。
愛国無罪アルよ。
オマケ
ペッチャンコで、よりバカっぽくて良い感じだ。
Back number
準備中
Archives
News Headline
ブログパーツ
>  Fools  >  魔界まる見え!ウェブ特捜部EX  > Article

   きょうの終末黙示ログ
   あおぞら魔界掲示板

   超摩訶不思議Xファイル
   フシギちゃんニュース

   飛びだせ!魔界ウォーカー
   それ逝け!心霊スポット

   へっぽこ!ザ・ラストバタリオン
   魔界まる見え!ウェブ特捜部EX

   超魔界ちゃんねる

   超魔界れいでぃお!

   NAZOTOWN(ナゾタウン)

   壁紙ダウンロード

   異界への扉
Copyright (C) 2012 大魔王軍 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system