> 魔界冒険記 > 魔界地図 -WONDER WORLD- > Article

[2019.10.05]

小泉稲荷神社
〜鳥居が林立する聖なる珍景〜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥居がズラッと並ぶ幻想的光景は、京都の伏見稲荷大社を始めとして日本各地に存在するが、群馬県伊勢崎市には少し変わったテイストの「小泉稲荷神社」がある。
崇神天皇の時代、伏見稲荷の分霊を祀り創建されたという同地の参道には、約100mに渡り大小200基余りの赤鳥居が3列で配置され、 まるでバグったみたいな独特の景観を作り出しているのだ。

道路まで溢れんばかりの鳥居群には圧倒されるばかりだが、 小じんまりとした境内の都合上、どうやら仕方なく、こんなに凝縮した感じになった模様。
ただ、この神社は昔から、商売繁盛と五穀豊穣の神として崇敬されており、 ご利益のお礼に奉納され過ぎた鳥居の数が、その霊験あらたかさを物語っているともいえる。

油揚げの無人販売を気にしつつ、赤いトンネルを抜けて社殿の裏手に行くと、小さなお狐様が大量に奉納された稲荷社があり、 これまた見事な物量攻めを味わう事が出来る。
また、神社から800m程離れた同地区の入口には、県内一の高さ(22.17m)を誇る大鳥居が鎮座しており、 この土地一帯が、あたかも強靭な結界に守られているかのような印象を受ける。


■関連記事
オイナリ行ったがオイノリ忘れた
番外編:その後の小話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、多分こんな記事も読んでいます。

Back number

Archives

News Headline

ブログパーツ
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system