> 魔界冒険記 > 魔界地図 -WONDER WORLD- > Article

[2020.01.19]

辻川山公園
〜妖怪が増殖する柳田國男の出身地〜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県福崎町は民俗学者・柳田國男の出身地であり、 彼の著作で語られた妖怪のオブジェが、町興しで周辺に多数設置されている。
その中でも特に力が入っている、柳田が「自らの民俗学の原点」と評した生家(※1)が建つ「辻川山公園」では、 機械仕掛けの妖怪たちが定時になると作動し、衝撃的な姿で人々の前に現れる。


園内にある一見普通の池を眺めていると、突如として水面がブクブク泡立ち、中から河童の河次郎(ガジロウ)が出現するのだ。
そのビジュアルたるや、まるで家族連れに媚びたような可愛さは無く、小さな子供が泣き出しそうなグロい造形である(※2)。

また、地上3mに作られた怪しい小屋からは、逆さ天狗が勢いよく飛び出し、滑車で坂の上を行ったり来たりする。
逆さ故に天狗の顔が分かりづらく、何故かどら焼きを持っている(※3)など若干玄人向けだが、 大掛かりな演出のクオリティー及び投入予算はなかなかのものだろう。


撮影時(2016年)、池のほとりには河童の河太郎(ガタロウ)と天狗の彫像(※4)のみ設置されていたが、 その後妖怪が増え、鵺や砂かけ婆、山の神、ヤマバヤシの彫像の他、池に子河童2体も追加され、 最近では福崎駅前にガジロウが出現する水槽が設置されたとの事。
スペースの都合上、公園内の増設は一段落のようだが、少しずつ進化を続けるこの“妖怪タウン”に今後も注目したい。

※1:元々あった少し離れた場所から移築されてきたらしい。
柳田國男は1875年(明治8年)にこの家で医者の息子として生まれ、幼少期を過ごした。

※2:9〜17時の毎時0分・15分・30分・45分になると現れる。
体表のヌメヌメ感がリアルで不気味さを増長していたが、定期的に清掃されているからか、 その後はだいぶ綺麗になり、本来の肌の色である茶褐色がよく分かる状態になった模様。

※3:大好物の“もちむぎどら焼き”(福崎町の特産品)らしい。
9時5分〜17時5分の毎時5分・20分・35分・50分に現れる。

※4:町が主催した「全国妖怪造形コンテスト」の一般の部・最優秀作品。
河太郎と河次郎は兄弟河童という設定で、柳田國男の著書『故郷七十年』に出てくる駒ヶ岩の河童(ガタロ)がモチーフ。それぞれ尻子玉もちゃんと持っている。


■関連記事
新魔界大冒険:破B〜カッパ・クライシス〜
遠野郷フシギ紀行@〜あの災害から幾年月、思い出のカッパ淵再訪〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、多分こんな記事も読んでいます。

Back number

Maps

Archives

News Headline

ブログパーツ
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system