> 魔界冒険記 > 魔界地図 -WONDER WORLD- > Article

[2020.01.13]

黄金の巨大神像
〜那須高原に輝く魅惑のパワースポット〜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木県那須町の森の中、様々な観光施設が並ぶ那須街道を少し外れた閑静な別荘地に、場違いな「黄金の巨大神像」が聳えている。
皇室の御用邸もあるロイヤルな土地とはいえ、あまりに眩く神々し過ぎるこの像は、 日本神話で天照大御神(あまてらすおおみかみ)が隠れた天岩戸(あまのいわと)を開けて、 彼女を連れ出したとされる怪力の側神・天手力男命(あまのたぢからおのみこと)の姿らしい。

同地は宗教団体「神命愛心会」(※1)の「神命大神宮那須別宮」という施設で、 1994年に神の偉大なる力を世に知らしめるべく、高さ約25mの神像が建立されたそうだ(※2)。
大胆な造形が目を引く神像は、右手で天岩戸を開けるポーズをしており、突き出された左手からは一筋の御神水が流れ出ている。
この水を飲めば病気が治癒したり良縁に恵まれる他、所持金を洗うと金運が倍増するとの事(※3)。とても神ってる。

背後の天岩戸はビルの7階建て位に相当し、内部にも入場可能。
薄暗い祭壇スペース(撮影禁止)を通りエレベーターで4階に上ると、 天井がゴージャスな感じの部屋(レインボールーム)と螺旋階段を経て、美しい那須高原を見渡せる屋上展望台に辿り着く。
ここには天照大御神が祀られた社(岩屋)もあり、神殿の屋根のソーラーパネルを眼下に望みながら、太陽神に参拝出来たりする。
ゴッドブレスを感じられそうな、絶景の珍パワースポットなのだ。

※1:東京都大田区を本部とする神道系の新興宗教で、その施設である神命大神宮が国内各地にある。

※2:施設の正式名は「神命大神宮那須別宮(しんめいだいじんぐうなすべつみや)」だが、一番の見所である「黄金の巨大神像」の方が通称化している模様。
ちなみに創作仮面館のすぐ近くにあり、英語表記だと「THE GIGANTIC GOLDEN GOD STATUE」。

※3:ただし参拝料1000円という、価値観によってはそれなりに高い先行投資は必要となる。


■関連記事
珍撃の巨神4選〜日本各地にあるデカくてヘンな仏像〜
ピラミッド温泉宿泊記〜那須の湯煙パワースポットに潜む危険な罠!?癒しと謎が交錯する呪われたお盆の墓参り〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、多分こんな記事も読んでいます。

Back number

Maps

Archives

News Headline

ブログパーツ
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system